増改築一覧|岡山県岡山市 株式会社相栄ホーム

HOME > 増改築一覧: 間取り変更

増改築一覧  間取り変更

増改築

よくリフォームと同様に思っておられる方が多いかと思いますが全く別な物です。
リフォームは、床・天井・建具・壁などの住宅の設備を取り替える工事のことで、増改築は、増築=家を建て増す事で、改築=駆体を取り壊して、新たな駆体で家を建てる事を言います。
当社はハウスメーカーの指定工事業者として使った技術・経験を駆使し、ご満足いただける工事を行います。

増改築一覧のカテゴリーを選んでください。

総数3件 1

近年、家族構成の変化や家の老朽化に伴い間取り変更を考えておられる方が増えてきているかと思います。間取りをどこまで変更できるのかは、建物の構造によって大きく変わります。
構造を熟知した、施工業者や大工さんの意見を聞きながら、慎重にリフォームの計画をしていくことが必要です。
重要なことは、今の建物の状態より強度が落ちてしまうようなら、リフォーム工事ならば止めておきましょう。

【RC・鉄骨造り】
RC造りや鉄骨造りの場合、室内の柱や壁で建物の構造を担っていることが少ないので、部屋の間取りを替えることは、木造住宅に比べるとはるかに出来る場合が多いです。

【木造】
木造住宅の軸組構造や2×4工法などの建物は、室内の柱や壁が構造体の一部となっていますので、間取りの変更には制限が出てくる場合が多いです。
軸組工法の場合には、屋根や上階の荷重を受けている柱や、通し柱が有り、それらを安易に撤去することは、建物の強度を落としかねません。ですから、撤去の際には、それに変わる強度を補わなければならなくなるので、柱や壁はできるだけそのままにして、やむを得ず取り除く間取り変更が必要な場合は、しっかりとした構造計算をしましょう。

住宅設備(キッチン、浴室、洗面、トイレ)の場所を移動する場合には給排水の配管の経路、換気扇のダクトの経路なども検討しなくてはなりません。仮に給排水管を移動させるということは、床下や壁内に新しい配管を取り付け、古い配管を撤去しなけばならなくなります。
キッチンや浴室を1階から2階へ移動する場合、配管も重要ですが、重いものが上に行くわけですから、補強が必要となる場合もございます。
ですから、水まわりを移動する際には大掛かりな工事になる事が多いので様々な面で検討が必要です。

総数3件 1

株式会社相栄ホーム 〒701-0221 岡山県岡山市南区藤田294番地
MAP